企業案内

社長挨拶

企画からDesignクリエイティブとテクノロジーのトータルサービス

平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。

弊社は、株式会社教育社のグループ会社として1975年に設立。その後総合印刷会社として独立し、おかげさまで創立以来、順調に業績を上げてまいりましたのも、ひとえにユーザー各位の絶大なるご支援の賜物と心から感謝しております。

今日、印刷業界は大きな変革の時代を迎えようとしています。デジタル化、コンピュータ化による印刷内容そのものの変化、そしてマルチメディアヘの対応など、技術革新への課題は山積しています。加えて、私たちが共に暮らす社会や環境への配慮も欠かせない要素となっています。

当社は総合印刷会社として、こうしたテーマへの積極的な取り組みをはじめ、長年培ってきたノウハウを生かし、「クリエイティブ&テクノロジー」をスローガンとして、ソフトからハードまでの一貫体制によるトータル・サービスを実践しています。より一層の発展を図るべく、“お客様に必要とされる印刷会社”を目指し、従業員一同、新たな気持ちで皆様に十分ご満足いただけますよう、一段と努力致す所存でございます。

21世紀へに於いて新たな飛躍を図ろうとしている株式会社 日本制作センターに、なお一層のご支援・ご指導を賜りますよう、今後共よろしくお願い申し上げます。

代表取締役社長 今村拓哉

▲このページのトップに戻る

会社概要

株式会社 日本制作センター
昭和50年12月9日
38,000,000円(払込資本金)
65名(平成24年6月現在)
12億円(平成24年6月)
出版印刷物、商業印刷物の制作から印刷まで
(組版・DTP・デザイン)
東京都民銀行米川支店
西京信用金庫袋支店
多摩信用金庫村山支店
代表取締役

西
久保
事業所案内

本社
〒189-0011 東京都東村山市恩多町1-11-5
TEL 042-394-9511 FAX 042-396-0898

本社工場
〒189-0011 東京都東村山市恩多町1-11-5
TEL 042-394-4892

高田馬場営業所
〒171-0033 東京都豊島区高田3-18-11-5F
TEL 03-3987-5511 FAX 03-3982-6322
E-mail sales@nsc-web.com

メディア・ステーション
〒171-0033 東京都豊島区高田3-18-11-5F
TEL 03-3590-1271 FAX 03-3987-6953
E-mail media@nsc-web.com

http://www.nsc-web.com/

アクセス

本社/本社工場

【交通】電車+バス米川駅より、バス乗車「青葉町2丁目」下車5分
新秋津駅より、バス乗車「青葉町2丁目」下車5分

【地図】


大きな地図で見る

高田馬場営業所/メディア・ステーション

【交通】電車(JR/メトロ東西線) 高田馬場駅より徒歩10分

【地図】


大きな地図で見る

▲このページのトップに戻る

沿革

1975(昭和50年) 12月 東村山市恩多町に資本金1,000万円で設立
1976(昭和51年) 1月 三菱重工製DAIYAII-1菊全片面機1台
住友重機製ミラーTP41菊全両面機2台導入
1978(昭和53年) 8月 第2工場開設
住友重機製ミラーTP41菊全両面機2台導入
1980(昭和55年) 10月 住友重機製ミラーTP38S菊全2色両面機1台増設
1981(昭和56年) 3月 住友重機製ミラーTP38S菊全2色両面機1台増設
1982(昭和57年) 5月 第3工場開設
三菱重工製DAIYA4D-III菊全4色機3台導入
1983(昭和58年) 3月 住友重機製TP38S菊全2色両面機1台増設
8月 本社に刷版設備導入に伴い、本社の印刷機を第2工場に移設
1984(昭和59年) 3月 リンカーン製インキ自動供給装置導入
7月 住友重機製ミラーTP41菊全両面機2台更新
1985(昭和60年) 文京区小石川に営業所開設
1986(昭和61年) 1月 DS製PC801G殖版機導入
1987(昭和62年) 1月 豊島区西池袋IBビルに営業所移転
7月 住友重機製ミラーTP41菊全両面機2台更新
1988(昭和63年) 11月 刷版現像装置STABLONPS900D導入
1989(平成元年) 10月 傾斜型殖版機PC248-CG導入
1991(平成3年) 3月 豊島区西池袋西京ビル8Fに営業所移転
東レ製電子組版機FX550LAN他DTP設備導入
1993(平成5年) 8月 三菱重工製DAIYA3F-5菊全5色機導入
1994(平成6年) 7月 本社移転第3工場を本社工場に改称
1995(平成7年) 8月 アキヤマ製JP-2P2444/6全2色両面機1台導入
9月 刷版現像装置STABLONPS1300VS導入
1996(平成8年) 4月 豊島区西池袋柏屋ビルにメディアステーション開設
サイテックス製レスポンスシステム導入
自動紙積機KC-3導入
1997(平成9年) 5月 三菱重工製3D-P菊全1色両面機1台導入
10月 アキヤマ製JP-1P1224/6全1色両面機1台導入
11月 サイテックス製DOLEV800V、Brisque-J導入
1998(平成10年) 2月 豊島区西池袋西京ビル9Fにメディアステーション移転
11月 第2工場を本社工場に統合
アキヤマ製JP-2P2444/6全2色両面機1台導入
2000(平成12年) 8月 28,285千円に増資
9月 新社長就任
10月 DS製PC248CI-II傾斜型殖版機増設
EG製ER1400自動描画機導入
2001(平成13年) 5月 EpsonMC-1000大判カラープリンター導入
12月 三菱重工製DAIYA304HV導入(11号機の更新)
2003(平成15年) 11月 三菱重工製DAIYA304HV導入(12号機の更新)
フジフィルム製CTFシステム(メディア設備更新)
2006(平成18年) 6月 38,000千円に増資
8月 メディアステーションサーバー導入
2007(平成19年) 1月 三菱重工製DAIYA308TP導入(15号機の更新)
7月 フジフィルム製CTP導入
11月 リンカーン製インキ自動供給装置導入(22号専用)
2009(平成21年) 5月 営業所・メディアステーションを豊島区高田に移転
2010(平成22年) 3月 FFGS7001256の更新(プリンター)
9月 三菱重工製DAIYA404MT導入(16号機の更新)
2011(平成23年) 9月 断裁機導入
10月 三菱重工製PPCサーバー導入
CTP用現像廃液削減装置
2012(平成24年) 3月 断裁機更新(イトーテック)

▲このページのトップに戻る